アカペラとは   |   語源と歴史   |   メディアとアカペラ   |   アカペライベント   |   ボイスパーカッション

語源と歴史

ここではアカペラの語源とその歴史についてご紹介します。

アカペラはもともと「ア・カッペッラ」と呼ばれていました。音楽史や古楽などの用語でヨーロッパの教会音楽のひとつを指し、伴奏の有無は関係ないとされていましたが、そこから派生した無伴奏の合唱、重唱の事という意味で普及しています。
日本語では「アカペラ」「ア・カペッラ」「アーカペラ」の表記がありますが、どれも同じものです。

イタリア語のa cappellaとは、英語のin chapelと同じ意味で、「聖堂で」「聖堂において」という意味の言葉です。それが名詞化して教会音楽のひとつをさすようになりました。

アカペラ様式の特徴は、

  • 曲全体、もしくは曲の一部がポリフォニーであること
  • 歌詞の聞き取りが容易であること
  • 複数のパートからなり、無伴奏または、歌のメロディーをなぞる程度の簡単な伴奏をつけて歌うこと

というもので、必ずしもアカペラ=無伴奏ではありませんでした。

ルネサンス期、音楽家は教会音楽で複雑で豪華な曲作りを競い合っていたため、宗教儀式なのか音楽会なのか分からない状態となり、歌詞も聞き取りにくくなってしまっていました。
これを問題視したバチカンが教会改革の一環として、教会音楽を簡素化しました。
こうして生まれたのがアカペラ様式です。ルネサンス期の世俗曲は伴奏を即興的につけるのが普通でしたので、合唱曲も無伴奏の形で楽譜が書かれているものが多く、それらの事情からアカペラ様式の音楽が無伴奏で歌われるイメージが強くなり、「アカペラ=無伴奏合唱」という誤解が生まれました。

そして今のように、教会音楽以外の無伴奏合唱や無伴奏ボーカルアンサンブルを広くさすようになりました。最近は無伴奏独唱までアカペラと呼ぶようになって来ましたね。